保育無償化に関する緊急署名

来年度予算の編成過程で、幼児教育・保育の無償化に関する内容が、政府内で確定されます。しかし、その提案内容には従来の保育制度を後退させる事項が多々みられます。そのひとつが、給食食材費の実費徴収化です。保育所は制度発足以来、3歳児以上の副食費、3歳児未満児の副・主食費を公費負担の対象にしてきました。さらに3歳児以上児の主食費についても公費負担化するよう私達は求めてきました。今回の実費徴収化案は、保育所制度としては明らかに後退です。なにより保育における給食・食育の重要性や、こどもの貧困状況などを考えると、実費徴収化は許すことができません。
こうした事態に対し、市保連も参加する京保連(京都保育団体連絡会)・全保連(全国保育団体連絡会)より緊急の署名が提起されました。各園で刷り増しするなどして集めていただければ幸いです。締切は11月29日です。なお、市保連で取り纏める時間的余裕がありませんので、大変恐縮ですが、全保連まで直接郵送いただければ幸いです。

署名のダウンロードはこちら(署名)か、または全保連HP(http://www.hoiku-zenhoren.org/news/data1/181106-151950.html)まで

郵送先 〒162-0837 新宿区納戸町26-3 全国保育団体連絡会宛

カテゴリー: 未分類 — yosukesan 4:16 PM