Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/2/lolipop.jp-dp48054705/web/wp-settings.php on line 520

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/2/lolipop.jp-dp48054705/web/wp-settings.php on line 535

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/2/lolipop.jp-dp48054705/web/wp-settings.php on line 542

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/2/lolipop.jp-dp48054705/web/wp-settings.php on line 578

Deprecated: Function set_magic_quotes_runtime() is deprecated in /home/users/2/lolipop.jp-dp48054705/web/wp-settings.php on line 18
2022 2 月 - 市保連

市保連オンライン講演会「考えてみませんか?子どもが大事にされる社会のこと」

市保連は2月6日(日)14時からオンライン講演会「考えてみませんか?子どもが大事にされる社会のこと」を開催しました。コロナ禍で注目を集める「ケア」の重要性について、政治学とフェミニズムを専門とする研究者である岡野八代さんをお迎えして、保育や子育て、そして子どもが大事にされる社会について考えました。

第一部の岡野八代さんの講演「なぜ、子どもが大切にされない社会になっているのか?」では、「子どもを大事にする」といっても「なぜ」「なんのため」を問うことが大事であるとして、歴史的に国家は国に貢献する子ども像を描き、同時に子どものケアを家庭、特に女性に押し付けてきたが、子どもを大事にするのは「子ども自身のため」であるべきで、国自身が子どものための予算を増やすべきであるとのお話がありました。

第二部は3人の保護者のスピーチです。うち2人は保育制度の影響を公私で受ける子育て中の保育士(保育士保護者)にお願いしました。

保育士であり母である荒堀さんからは、保育士として保護者には子どものためにして欲しいことを伝えてきたが、保護者になりその苦労がわかったこと、保育士としては子ども生活を保護者と共有したいが、保護者としての自分は余裕のない生活を送っていること、保育士としては保護者同士の繋がりが大切だと思うが、実際に繋がりを作るのは意外に難しいことなど、保育士と保護者と両面から見えてくる保育を巡る状況についてお話がありました。

保育士であり父である林さんからは、家でわが子と過ごす時間よりも、保育園の子どもたちと過ごす時間が長く、家でも保育園での保育について考える時間が長いことや、自分の子どもの保育参観や行事には参加できないことがあること、このコロナ禍では、わが子を感染リスクの高い保育園に預けて、自分も感染リスクの高い職場に出勤していること、女性の低賃金という社会構造がある中で、生活設計のことを考えると男性保育士が辞めざるを得なくなることなど、保育士保護者、男性保育士としての葛藤についてお話がありました。

最後に福山型先天性筋ジストロフィーの長女を育てる母である佐井さんからは、長女が2歳のときにいくつも民間の保育園から入園を断られる経験をして、公立保育所だけが長女の「存在」を受け入れてくれたこと、公立保育所では子どもたちが長女を「普通」に迎え入れ、車椅子で行けないところがあると、どうしたらいいかみんなで考えてくれたエピソード、卒園後の放課後デイサービスは車椅子では入れないところが多いこと、国や行政により障害児や病児は「居ないこと」にされ、居場所を見つけるだけで大変苦労するシステムになっていること、保育所の入所ポイント制では就労よりも介護が低く設定されていることなど、障害のある子どもを育てることで直面する社会の姿勢や困難さについてお話がありました。

第3部では岡野さんから保護者のスピーチを踏まえて、ケアは身体的な「活動」だけではなく特定の個人のニーズに応える「営み」であり、よりよい関係を目指す「実践」でもあることや、ケアの与え手と受け手が対等な関係にはないケア労働の特殊性、こうした特殊性から資本主義の論理ではケアを正当に評価できないこと、しかし、政治や経済はこうしたケアにこそ倣うべきで、誰しもが安心してケアし・ケアされる関係性を支える政治を求めていくことが大事であるとのお話がありました。

こんなに子育てが大変なのは保護者の自己責任ではないということがよく理解できたという田中会長からの閉会挨拶もあり、保育や子育てといったケアを大切にする政治を実現していくために、市保連としても今後も保護者の声を集め、発信していきたいとあらためて確認することができた講演会となりました。

岡野先生のスライド資料PDF

荒堀さんスピーチ原稿.pdf

林さんスピーチ原稿.pdf

佐井さんスピーチ原稿.pdf

カテゴリー: 未分類 — yosukesan 9:32 PM

京都市へ要望書、京都市議会へ陳情書を提出しました!

2月15日に数名の保護者で、京都市へ要望書を、京都市議会へ陳情書を提出してきました。要望書は、例年、京都市と市保連で懇談の機会を設けており、その前に提出しております。例年同様、保育環境の向上を求めるものに加え、今年度は、相次ぐ休園や登園自粛への対応を求める内容を盛り込みました。陳情書については、2月3月議会に向けて、市保連に加え2つの保育園保護者会(有志)から提出されました。内容は、今後の保育料値上げをしないように求めるものと、保育料も含めた子育て・保育施策の決定過程に子育て世帯の意見を反映する仕組みを設けてほしいというものを盛り込みました。議会事務局に提出したのちに、教育福祉委員会に所属される全会派の議員を回らせていただき、要望や陳情についての内容説明や新型コロナウィルスの感染拡大が長期化する中での子育て世帯の生活状況についてのお話を聞いていただきました。ぜひ今後もこのような機会をもうけたいと思いますので、陳情を出していただける保護者(会・個人や有志でも可能です)や一緒に活動に参加していただける保護者の方、ぜひお声がけください。

今回、一緒に回っていただいた保護者の方に感想を寄せていただきました。

私自身、人生で初めて市議会に提出する陳情書を作成しました。一市民として、困っている時、声を挙げていく手段として、このような形があるのだとちょうど最近知ったところでした。会派回りをして、直接市議会議員さんともお話が出来ました。議員さんにより、様々な受け入れ方がありましたが、私からも意見を投げかけさせていただきました。

「自営業の保護者で、突然子どもの通う保育園が休園となり、仕事を休まざるを得ない時に対して国や自治体からの保障がないので収入が減り困っている保護者は多いのではないか。(私自身も含め)私自身、ピアノ教室をしているので生徒さん側も休園、学級閉鎖等でお休みが相次ぎ、その面でも収入は減っている状況です。休園の際も安心して仕事を休めるよう保障を考えていただくか、休園の際も子どもを安心して預けれる代替保育制度を考えて欲しい」というの内容です。

ある会派の議員さんが、「国から打ち出されている助成金制度で保障が適用出来るかもしれないからこちらに問い合わせてみはったらどうでしょう」と、資料をくださりました。顔を向き合わせてお話しする事で、親身に聞いて下さったのだと感じました。文章の受け取りだけでは伝わらない、生の声を、こうして直接お伝えに伺えることはとても貴重な機会で大切だなと思いました。声を挙げていく手段としてこういった形があることを、もっと沢山の方に知ってもらいたいなと感じました。子育てをする親として、本当に困窮されている保護者の方の声を、もっと拾えるようこれからも模索していきたく思います。

陳情・要望書の内容を会議でしっかり検討して頂ける事を切に願っております。ありがとうございました。

市保連対市要望書2022年2月PDF

京都市における保育料を値上げしないように求める陳情書(2202)


2021e5b9b4e5baa6e5b882e4bf9de980a3e8a681e69c9be69bb8_page0012021e5b9b4e5baa6e5b882e4bf9de980a3e8a681e69c9be69bb8_page002e4baace983bde5b882e381abe3818ae38191e3828be4bf9de882b2e69699e38292e580a4e4b88ae38192e38197e381aae38184e38288e38186e381abe6b182e38281e4baace983bde5b882e381abe3818ae38191e3828be4bf9de882b2e69699e38292e580a4e4b88ae38192e38197e381aae38184e38288e38186e381abe6b182e382811


カテゴリー: 未分類 — yosukesan 6:39 PM