8月代表者会議報告

8月5日に行われた代表者会議について報告します。

○ 福祉要求実行委員会報告
・「これからの京都の保育を考えるシンポジウム」9月25日(日)14時~17時 於 京都アスニー第8会議室。
・「児童福祉施設最低基準」にかかわるパブリックコメント募集中(〆切8/24)。
地方自治体は、「従うべき基準」と「参酌すべき基準」についての今回の省令を元に条例を作ることになる。
・パブリックコメントはこちら
・保育園の居室面積に係る基準の特例措置についてのパブリックコメントも募集中(〆切8/13)。
これは、待機児童問題が深刻でかつ地価が高い等の地域について、(H26年度までの時限措置として)「従うべき基準」である保育所の居室面積を「標準」として条例を定めることができるというもので、関西では京都市、大阪市、西宮市が挙げられている。
・パブリックコメントはこちら
面積基準について

○ 三者予対について
・6月29日、7月29日の2回、保育園連盟(園長会)、保育士会と会議を行った。
配置基準などの地方条例化にむけて、より具体的な要望をしていくことを確認。
・8月30日に、京都市に対して要望書を提出予定。2名参加予定。

○ 保育のつどいについて
・市保連では今回初めて分科会を担当したが、十数名が参加した。それぞれの園の活動報告を中心に、予定の時間を大幅に超過して有意義な話ができたのではないか。
・来年度の「保育のつどい」は9月か10月から活動開始予定。

○ 保育課との懇談について
9月下旬以降で京都市の保育課に懇談を申し込む。参加は事務局レベルで、内容は保護者が日常的に感じていることを中心に、次回つめることを確認。

○ どんといけまつり
11月23日(祝)、於 梅小路公園に決定。市保連としての出店については次回以降に検討。

○ 次回以降の会議
・次回の代表者会議は、9月16日(金)19時~、京都福祉保育総合センターにて。
・10月の代表者会議は、署名運動に向けてのミニ学習会や交流会、会場を変えることなども考える。メールのほか、全加盟園に案内ハガキも送付する予定。

カテゴリー: 事務局より — sasakies 11:23 PM